ミッチーのゲーム日記

ゲーム紹介、ゲームへの挑戦など。通勤時間や休憩時間の息抜きにご覧ください。

ゲーム紹介番外編 最後までクリアできなかったゲーム達その4

どうも!!

今日は、ブログを復活させる前にやっていた企画を蘇らせようと思い立ち・・・

 

昔のブログを読み返して、そういえばこんな企画あったなぁ・・・と思い復活させることにしました!

 

 

その名も、

最後までクリアできなかったゲーム達

・・・というものです。

色々な事情があってクリアできずに私の中でその生涯を終えた悲しきゲーム達を紹介するコーナーです。

 

 

このシリーズ今までに3本やってますので次が4本目ですね。こうやって数字にするとクリアできなかったゲームが結構あるものです。

 

ではいってみよう!!

 

続きを読む

ゲーム紹介⑲ 激闘!カスタムロボ

どうも!!

先日、ついにアサシンクリードシリーズに手をつけ始めました!!

 

アサシンクリード オリジンズを購入し、今後も諸々揃えていく予定です。

 

Z指定のゲームなんてめったに買いませんので、なんかワクワクします!!

大人の階段を登っている感じがしますね!!

(現在、25歳の若造が何言ってんだという突っ込みはナシで 笑)

 

もちろん、新しいものに手をつけたからといって古いゲームのことを忘れたわけじゃありません。

 

今日のゲーム紹介は・・・こちら!!!

 

 

激闘! カスタムロボ

激闘! カスタムロボ

 

ゲーム名

激闘!カスタムロボ

 

(ハード  NintendoDS)

(発売日  2006年10月19日)

(開発元  ノイズ)

 

今はなきカスタムロボシリーズの最終作です。

Nintendo64で一世を風靡したカスタムロボシリーズがDSで発売されました。

当時はDSが社会現象になるほど人気があったということもあり、このソフトもかなり人気がありました。

 

ただ、時の流れは悲しいもので約1年後には1000円を切る値段で販売されていましたね・・・( ̄▽ ̄;)

ポケモンダイヤモンド・パールの発売日と被っていたことも売り上げが伸びなかった一因だと思います。ライオンが恐竜に挑んでもそれは勝てません 笑

恐らく今では格安で手に入ると思います。

 

 

<概要>

・基本的な仕組み

ロボ、ガン、ボム、ポッド、レッグの本体+4ヶ所に好きなパーツを取り付けてカスタマイズし、自分だけの好きなロボを作り戦わせるのがカスタムロボです。

パーツは数え切れないほどたくさんあり、ハンデを背負うようなものや、逆にドクロマークがつくようなとある能力が以上に強かったりする禁断のパーツもあります!

 

ロボが戦うステージはたくさんあり、ステージの状況に応じてパーツを組み替えなければ勝てません。それがこのゲーム最大の魅力です。

私は過去作を遊んでいないので分かりませんが、昔のゲームでリストラされた作品が復活しているみたいです。

 

また、自分でカスタムしたロボはジオラマ風に飾ることができます。戦闘をせず、好きなカスタマイズをして飾るのもまた一興です。

 

f:id:gb1105:20181018190640j:image

(ロボのカスタマイズ画面。色々なロボやパーツがあります。写真のヒヨコロボはネタ枠です 笑)

f:id:gb1105:20181018184947j:image

(戦闘画面。このように小さなマップ内でお互いに手塩にかけて育てたロボを戦わせます。)

f:id:gb1105:20181018193725j:image

(違法パーツ。ロックマンエグゼ4のダークチップみたいなもん・・・かな?)

 

・ソウルブースト

ストーリーの中盤から使えるリスクも大きい大技です。

戦闘する毎にたまるゲージが溜まりきった時にDSの下画面をタッチすると、自分の機体が金色になります!

 

f:id:gb1105:20181018191021j:image

(ソウルブースト中の様子です。)

 

ソウルブースト中はロボの性能が飛躍的に上がりますが、ゲージが0になると・・・

 

ロボが真っ黒になり、今度は性能が著しく下がります。そうなってはもうどうしようもないので、ソウルブーストをする時は起死回生を狙う時や止めを刺す時が一般的です。

 

<ストーリー>

主人公は、ロボメーカーに勤める父の仕事の都合で、
カスタムロボバトルの盛んなこの街に越してきたばかりの少年。

ミッドハート学園への転校初日、主人公はロボバトルクラブ「チームNo.1」のサキとトオルが、
クラブ「R1グラップル」のイスルギと激しく言い争っている場面に出くわす。
弱小クラブである「チームNo.1」は、イスルギから解散するよう迫られているのだ。
主人公はサキとトオルを助けるため、「チームNo.1」に入部することを決める。
カスタムロボ初心者にもかかわらず、主人公は校内トーナメントで見事イスルギに勝利し、
チームを解散の危機から救う。

チームの主軸となり、さまざまなライバルとバトルを繰り広げていく主人公。
ロボバトルの腕を磨き、闘いを勝ち抜いて、目指すはグレートロボカップチャンピオン!

(公式サイトより抜粋)

 

f:id:gb1105:20181018193312j:image

(チームNo.1のサキです。ヒロイン枠。何故様子が変なのでしょうか・・・?詳しくは本編にて・・・。)

 

<当時の記憶>

購入したのは中学生の頃。値段が下がってきており980円で購入しました

ストーリーモードで1つのカスタマイズにこだわり続けた結果、後半戦で負けにまけくりました。相性の悪い相手に対してカスタマイズを変えるという考えがなかったんですね 笑

 

このゲーム、負け続けると難易度を下げるために相手の機体の体力を下げるか選べるようになります。屈辱を感じながらも相手の体力を50%くらい下げて勝ちました 笑

 

なんやかんやラスボスを倒した後は遊ぶのをやめましたが、友人はこのゲームをめちゃくちゃやり込んだみたいです。全パーツを集めたとか何とか。実際に対戦しましたが秒殺されました 笑

 

寄り道しながらでしたが、約12時間でストーリーをクリアしました。実際にはもっと短い時間でクリア出来ると思います。また、やり込み要素も多く、突き詰めればもっと遊べると思います。

 

物語の後半、違法パーツ(ドクロマークがついたやつ)のロボ相手に戦うところからすっごく敵が強くなっていきました。

f:id:gb1105:20181019033556j:image

(違法パーツを使うと、能力がすっごく上昇します。)

 

敵のパーツにドクロマークがついているとげんなりしたのを覚えています・・・( ̄▽ ̄;)

 

後、個人的にはフカシというキャラクターが使うロボがすっごく強いイメージかありました。

f:id:gb1105:20181019033825j:image

(フカシ。口癖は  なのだー!!)

なんかこう・・・なにが強いとかないですが、やりにくかったですね。

<評価>

手軽さ  A

まず、1番の魅力はこれでしょう!!

このゲーム1番の魅力は手軽に遊べることです。ストーリーモードで、1戦交えるのにかかる時間はとても短いです。

私が携帯ゲーム機を使ってゲームをする時は手軽さを求めています。

手軽さというのは短い時間で遊べること、セーブがすぐできることを指します。

 

なので、少し暇な時間があればすぐ手に取って遊べる!!

これが長く遊べた理由だと思いました。

 

ボリューム  

ストーリーをクリアするだけであれば、そんなにボリュームはありませんが、全てのパーツ(敵しか使えない違法パーツも含む)を揃えるなど・・・クリア後にできることは無限にあります

もちろん、通信対戦で勝つために腕を上げることも踏まえると、集めたパーツをどう組み合わせるか考えるなど、もっとたくさんのことができます。

 

しかし、強いパーツとなると数が限られてくるため、クリア後しばらくすると結局強いロボに偏りが生じ、どこもかしこも同じようなロボばかりになってしまうのは少し没個性で残念かな・・・と思いました。

 

序盤からこだわりのあるパーツが後半火力不足で使えなくなるのは少し寂しかったです。

 

個人的には3ウェイガンと、ドラゴンガンが大好きでした!!

 

グラフィック  D

DSはグラフィック面で他の同世代ゲーム機に劣る点があります。

 

それを加味しても・・・カスタムロボDSのグラフィックは酷いかなと思いました。

 

せっかくのジオラマも、グラフィックのせいであまりモチベーションが湧かなかったのが正直なところです。

 

 

ロボ拭き  E

毎度のことですが、DSのゲームはやたらとタッチペンを使わせたがります。それが苦痛に感じる時がほとんどです。

そして、このゲームの場合はロボ拭きでした。戦闘を繰り返していくとロボはやがて汚れます。そこで、汚れたロボのパーツをグロスというタオル生地で拭きます。

 

この時、DSの下画面にロボの全体図が映り、汚れている部分をタッチペンで擦って拭き取っていくのですが・・・

 

最初の頃はまだしも、これがずーーーっと続くとすっごいダルくなってきます( ̄▽ ̄;)

しかも、フィールドによってはものすごいロボが汚れる地形もあり、1回1回の戦闘でロボを拭かないといけないのがダルさに拍車をかけます(´;ω;`)

f:id:gb1105:20181019030726j:image

(特に汚れるのがマグマのステージ。噴出するマグマに当たると、ダメージを食らうだけでなく、めちゃくちゃロボが汚れます。)

 

タッチ操作は過剰にやらされるとやっぱりダメですね・・・。

 

 

 

総合評価  70点!

戦闘は無限にあるパーツの組み合わせから最適なものを選んで戦うのがすごく楽しかったです!一見アクションゲームに見えて、ロックマンエグゼのような戦闘前の準備に戦略性があったことはすごく良い意味で印象に残りました。

 

一方、粗いグラフィックタッチペンの強要などといった部分はDSの悪い部分がたくさん出てしまったソフトだな・・・とも思いました。

 

このゲームはカスタムロボシリーズの中では酷評されているようですが、これが初めてのカスタムロボシリーズだった私にとってはすごく楽しめました。

 

批判する人の多くは旧作品とのグラフィックの違いや戦闘のバランス槍玉に挙げるようですね・・・。

 

シリーズ作品の最新作は、その作品のブランドを背負ってたつ以上旧作品で培われた伝統を損なうわけにはいきません。単体のゲームとして成り立っていても、シリーズファンをないがしろにしてはいけないということでしょう。

 

 

いやー、この辺はすごく難しいですね。色々シリーズファンの方は思うところがあると思います。

 

私も、ロックマンエグゼシリーズをずっとやってきて、流星のロックマンが発売された時は正直否定的だったので。

 

カスタムロボシリーズは良いゲームだと思うので、また是非復活して欲しいです!!

 

 

ではっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーム紹介⑱ サルゲッチュ 補足

どうも!!

以前紹介したサルゲッチュですが・・・

 

サルゲッチュ

サルゲッチュ

 

 

ブログに挙げた記事を改めて見直していると、補足しなければならないことが1つあることに気が付きました。

今日の記事ではそのことを書かせて下さい。

f:id:gb1105:20181019082259j:image

1.  ミニゲームの存在

そう、以前の記事で紹介できていなかったのはミニゲームです!

各ステージにあるスペクターコインと呼ばれるすっごい大きなコインを集めていくと、ミニゲームが集めた枚数に応じて解放されます。

 

ちなみに、インターネットでスペクターコインと調べると仮想通貨がひっかかりました 笑

仮想通貨目当てでこられた皆様申し訳ございません。m(_ _)m

 

f:id:gb1105:20181019082625j:image

(スペクターコインはサルと違ってヒントもないため、全て探すのは一苦労。)

 

さて、ミニゲームとはいえ侮るなかれ。一日中熱中できるような完成度の高いミニゲームばかりです!

しかも、それぞれのミニゲームはジャンルが違うため飽きることはありません!!

 

それでは、ミニゲームの紹介といきましょう!!

 

2.  スキーキッズレーシング

f:id:gb1105:20181019084134j:image

ジェット機のついたスキーを操り、レースで優勝するのが目的です。

コントローラーの左右のスティックをスキー板に見立てて、前に倒すことで前進、右に倒すと右に・・・といった具合で進みます。

 

操作キャラクターはサルゲッチュの主要メンバーから一体を選びます。中にはピポサルも 笑

 

上手く操作すると炎の色が変化し、ものすごいスピードでスキーが進みます、この状態をどれだけキープできるかがこのゲームのコツです。

 

私達の中ではこれがマリオカートみたいなもんでした 笑

それぐらいやり込んだ作品です!!

 

2.  スペクターボクシング

f:id:gb1105:20181019084632j:image

文字通りボクシングのゲームです。

ピポサルの中でも、ボクシングの強いサル同士が戦います。

 

操作方法は、左右のスティックを両手に見立て、前に倒すとパンチ、後ろに倒すとガードといった具合です。慣れないうちは、コントのような動きをします 笑

f:id:gb1105:20181019090408j:image

一応ストーリーとしては・・・6匹のピポサルから1匹を選択し、残りの5匹を倒して世界一??サル界1???を目指して戦います。合ってるのかなぁ??

 

最初の方はスティックを適当に前後させるだけでいいのですが・・・

後半、相手のサルはめっちゃ強いです。未だに私も全てのサルを倒せていません・・・( ̄▽ ̄;)

 

3.  ギャラクシーモンキー

f:id:gb1105:20181019085047j:image

インベーダーゲームと同じようなシューティングゲームです。

 

左スティックで自分の機体を動かし、右スティックを倒した方向に弾を撃ちます。

 

画面内の敵を全て倒せば、レベルがひとつ上がりまた新たな敵が出る・・・を無限に繰り返します。エンディングはありません。

 

右スティックで弾を撃てる操作性がたまんなく楽で、1度始めると辞められません。

難易度もそこまで高くないため、1度始めると中々辞められません。

 

強いて言うなら、ピポサルが出てこないことが少し寂しい・・・かな??

 

 

4.  最後に

 

いかがだったでしょうか??

サルゲッチュはほんとに作り込まれたゲームだったな・・・と今振り返れば思います。

 

いやー、ほんとに新作出ねぇかな・・・

 

私はずーーっと首を長くして待っています。

 

f:id:gb1105:20181019090615j:image

 

また、これからもたくさんのゲームを紹介していきます!!

 

ではっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだったのかあのゲームは・・・

どうも!!

恐らく、このブログで1回だけになるシリーズです。今日、このブログを読んでいた方はラッキーです 笑

 

その名も、

なんだったのかあのゲームは・・・

タイトルの通り、今はもう家にありませんが、何故こんなゲームが存在していたのか、いや言いすぎた。何故買ったのか??

というゲームです。

 

当時の自分、正気か!?と思うようなゲームが2本ありました。

 

その時の思い出を振り返りたいと思います。

 

 

1. 何故購入したのか??

 

私の実家の近くで、500円でくじ引きをやっているスーパーがありました。

特賞は遊戯王のカセット。ハズレでもゲームボーイアドバンスのソフト3本から1本をプレゼント!!というものでした。

 

3本のうち1本は桃太郎まつり

 

桃太郎まつり

桃太郎まつり

 

桃太郎シリーズといえば、すごろくのボードゲーム桃鉄』シリーズが一般的ですが・・・

 

このゲームはボードゲームではなく、ミニゲーム集でした。それでも、当時桃鉄シリーズを未プレイだった私にとっては非常に遊んでいて楽しい作品でした!!

 

しかし、それに気を良くしてさらにくじを引き・・・

残りのハズレソフト2本も無事お買い上げ。

 

この後、少し遊んで思ったのです・・・

何故このソフトを買ったのか?・・・と(´;ω;`)

 

そんなソフトを紹介します。

ほとんど遊んでいないので、軽く紹介します。

 

2.  闘魂ヒート

 

闘魂ヒート

闘魂ヒート

 

 

ハズレその1。ジャレコが発売したゲームボーイアドバンスのソフト。闘魂ヒートです。

 

 

簡単に言うとプロレスのゲームなのですが、当時小学生だった私はプロレスの知識が一切ありませんでしたアントニオ猪木がプロレスラーだと知らなかったぐらいです 笑

 

もちろん、ゲームを遊んでみてもプロレスを見たことない私はスパーリングの言葉の意味すら分からなかったので、どのボタンを押すと何が始まるのか??まずそれが分かりません 笑

そして、説明書を読んでも何が何だか。

挙句の果てに何故チョップ??グーで殴ればええやんけ!?

 

・・・と、根本的なことから伺う始末。

 

結果30分ほど遊び速攻で自宅の押し入れに眠ることに 笑

 

とりあえず一言

プロレスファンの皆様には大変申し訳ありません。

 

一時期、このゲームを評価するか迷いましたが無理でした。なぜなら評価の材料がないからです 笑

 

ほんとに、なんだったんだ・・・と今になって思います( ̄▽ ̄;)

 

 

 

3.  ピノビィーの大冒険

f:id:gb1105:20181018055926j:image

ハズレその2。ハドソンが作った核弾頭、ピノビィーの大冒険です。

 

先程の闘魂ヒートはそもそも私がプロレスの知識がなかったのも原因で、なんだったのか・・・認定を受けました。つまり、プロレスに詳しい方には価値のあるゲームだったと思います。

 

しかし、このゲームは本当の意味でなんだったのか!?・・・と思わせる出来でした。

つまり、誰が遊んでもなんやこれ!?と思うソフトです。

 

当時、このゲームを買った私は家に帰ってすぐ起動しました。

ボタン一つで軽快に飛び回るピノビィーと、綺麗なグラフィックに心がときめきます。

とりあえずステージを進めようとします。

 

しかし、何をすればクリアなのかすら分かりません。

 

1時間ほど、同じステージをブンブン飛び回ります。

 

それでも何をすればいいのか分かりません。

結果・・・やめました 笑

 

大人になった今、色んな攻略サイトを見ていますが、このゲームクリアした人すげーな!って思います 笑

 

・・・ごめんなさいほんとにこのゲームに関してはこれ以上語ることないです笑

 

私が当時アホすぎてクリアできなかったのでしょうか??(小4)

 

いまだになんだったのか!?・・・と思わせるゲームです。

 

 

4.  最後に

闘魂ヒートと合わせて2つのハズレソフトを引いた私は思いました。

 

 

 

くじ引きは二度とやらん・・・と。

 

 

 

こうやって人は大人の厳しさを知り、大人になっていくんですね・・・

 

なんだかすごく深いブログになりました。笑

 

ではっ!!!

 

 

ゲーム紹介⑱ サルゲッチュ

どうも!!

ゲーム紹介もかなり長いことやってます。

 

昔はブログをパソコンで書いていましたが・・・

最近はスマホでブログを更新しています。

 

スマホだと、パソコンに比べて使えない機能が幾つかある気がしますが(分かってないだけかもしれません)

 

やはり、手軽さには勝てません。時々、パソコンを使うときにパソコンでしかできない編集機能を使って記事に肉付けをしています。

 

思い出に残る(良い意味でも悪い意味でも 笑)ゲームを紹介する私のブログ。

今日は、私の思い出の中でも強烈に思い出に残っているゲームを紹介しますね!!

 

 

続きを読む

ゲームを評価するとき。

どうも!!

いきなりですが、みなさんはゲームを購入するとき、ゲームの評価をご覧になられてから購入しますか??

 

私は好きなシリーズではない限り、予約はせずに発売されてからしばらくして色んなサイトの評価を見てから購入します。

 

ゲームの評価をするサイトや雑誌は色々ですね。

有名なものだとゲームカタログや、雑誌だとファミ通・・・。

ただ、大きなサイトでは情報が公開されるのが遅いといった欠点や、ゲーム雑誌では楽しくないゲームでも無理矢理楽しいかのように記事が書かれていたりします。

 

そこで個人のブログ!!そう、つまり私の出番なわけです 笑

 

といっても私のブログで紹介するゲームは古いものがほとんどですが・・・

 

今日は私のブログでの評価の基準についてお話しします。

私がブログを書く時に気をつけていることは2つ。

 

1つは、紹介するゲームはプレイ済みであること。

もう1つは自分の体験から評価を書くことです。

 

私のブログではA~Eの五段階に分けて評価を書いています。最初はA+やA-などの評価を作るか悩みましたが、ややこしくなりそうなので辞めました(;´・ω・)

 

A~Eの個人的な基準はこんな感じです。

 

A

遊んでいてとても楽しい。最高。

特に欠点も見つからず申し分ない出来である。

 

B

遊んでいて楽しい。

しかし、若干の欠点が存在する。一言だけ物申したい部分がある。

 

C

遊んでいて楽しいが見逃せない欠点が存在する。

または、あそんでいて苦痛でもないが楽しく

もない出来である。

 

D

出来が悪い。欠点、バグが多い。

バグがなくても遊んでいて苦痛を感じる。または、遊べたとしてもボリュームが少ない。

 

E

致命的なバグがある。

遊んでいて地獄。または、遊べたとしてもボリュームが致命的に少ない。

 

 

 

 

大体こんな感じです!!

もちろん、個人的な感想ですので世間的な評価と前後すると思います。だからこそよりリアリティが出るのかな?・・・とも思います。

 

評価する項目はストーリー・操作性・グラフィック等ですね。

毎回そのゲームで目に付いた部分を評価しています。

 

個人的に大事なのはボリューム・操作性の2つです。この2つがダメだと、どれだけストーリーやコンセプトが良くても、ゲームとして成り立たないので・・・。

ナナシノゲエムをフルプライスで買ったのにボリュームがすっごく薄かった体験が私の中ではルーツになっています 笑

 

 

まだまだゲームのレビューは初心者ですが、これからもいいものを作っていければと思います!!まだまだ進化していきますよー!

 

ではっ!!!

 

 

 

最近のこと

どうも!!

 

最近の個人的なゲーム事情を少し・・・

 

1.  最近のゲーム事情

先日、PS4スパイダーマンを一通り遊び終えました。

 

 

このゲームが以前のブログでも紹介した通り楽しすぎて・・・

遊び終えた今はすっごく放心状態です 笑

 

なので、最近は他のゲームに一切手をつけていません( ̄▽ ̄;)

 

それにしても、2018年はなんというか・・・

名作ゲームがたくさんの1年でした!!

 

 

スパイダーマンを筆頭に他にもロックマンの最新作やスマブラ等、大豊作の1年だったと思います。

まだ1年おわってないですが 笑

 

早くこの放心状態から復活して、またゲーム三昧の生活に戻りたいと思います。

 

2. シェンムー

それはそうと・・・最近はシェンムー1・2を買うか真剣に悩んでいます。

龍が如くシリーズが好きな私にとっては同じような箱庭ゲームとして非常に興味があるのですが・・・

 

 

このブログをご覧になられている方で遊ばれた方、あるいは遊ぶ予定の方はどれほどいらっしゃるのでしょうか?

 

 

もう少し、色んなサイトを調べてみて検討したいと思います。少し癖のあるゲームなんですね。

 

まだ発表されていないですが、年末にはチョコボの不思議なダンジョン

来年にはルイージマンションどうぶつの森ファイアーエムブレムなど・・・

 

気になる作品が目白押しです!!

 

3. 大逆転裁判

そして!!前回、その値段の高さから半ば購入することをあきらめていた大逆転裁判シリーズですが・・・

 

なんと!!Best Price版が発売されるそうです!!!

 

 見た瞬間にすぐポチりました!!

今までの値段の高さが原因で購入を控えていた方にとってこれは購入するBigチャンスだと思います!!

 

これ、コメントして下さった方がいて、その方のおかげで調べて分かりました!!

いやー、ほんとにありがとうございます!!

2019年もいいゲームが豊作の年になることを祈っています!!(まだ2018年はおわってないですが 笑)

 

4. アサシンクリード

10月に新作が発売されたアサシンクリードシリーズ

今更ですが遊ぼうか迷っています。

というのも、シリーズ作品が多すぎて・・・

 

今から初めて遊ぶならオデッセイでいいのか?

オススメの作品は何なのか?

この2点を見極めることが非常に難しいです。

 

とはいえ、今までに約20作品が発売されているので、楽しさは間違いないでしょう!!

また、色々調べてみます!!

 

 

以上、最近思うことでした!

今日は短めですみません。ではっ!!!