ミッチーのゲーム日記

ゲーム紹介、ゲームへの挑戦など。通勤時間や休憩時間の息抜きにご覧ください。

ゲーム紹介 番外編 最後までクリアできなかったゲーム達その2

こんにちは!!

ワールドカップが盛り上がっていますね。

 

個人的には前回優勝したドイツを応援しています。初戦はメキシコにやられてしまいましたが、スウェーデンにも勝ってここから巻き返してくれることを願っています。

 

そんなドイツで言うメキシコのように・・・(そんなことない)

今日は前回のゲーム紹介と同様に最後までクリアできなかったゲーム達を紹介していきたいと思います。

前回は『聖剣伝説4』・『サイレントヒル3』を紹介しましたが、まだまだクリアできなかったゲームはたくさんあります。

私の中でそのゲーム達を成仏させるためにも、順に紹介していきますね。

 

③ がんばれゴエモン 来るなら恋!綾繁一家の黒い影

 

 原因

→面白くない

 

現在進めているがんばれゴエモンシリーズの作品の1つですね。

今は『がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス』を進めていますが、比にならないほどのクソおもんない作品でした。

 

何がクソおもんないかって・・・全部なんですけど 笑

そう言って切り捨ててしまうのも良くないので、順を追って紹介していきますね。

 

 

<ソフトを手に入れた経緯>

大学生の頃、なけなしのバイト代でレトロゲームを買っては遊んでいた時期がありました。今、ゲームが好きなのはそのころの名残だと思います。

当時、ニンテンドー64の『でろでろ道中』が欲しかったのですが・・・

 

がんばれゴエモン でろでろ道中 オバケてんこ盛り

がんばれゴエモン でろでろ道中 オバケてんこ盛り

 

 (めちゃくちゃ面白い作品です!是非遊んでくださいね!!)

奈良県のしがないゲームショップでは一切見当たらず、諦めかけたその時、PSのゲーム作品の中に『がんばれゴエモン』シリーズがあることを知りました。

当時からゴエモンシリーズのファンだった僕は、飛び上がるほど喜んだことを覚えています。

その時見つけたソフトの中で、安かった『来るなら恋!』を買ってしまったのです。

(500円くらいでした。いや、500円でも高い 笑)

 

 (みなさんと今日はこのゲームの苦しみを分かち合いたいので、やたらめったにテロップを入れます 笑)

今思えば安いソフト=おもんないということになぜ気付かなかったのかと後悔しています。

そして、自宅のPS2で起動!!地獄が始まるのでした・・・。

 

<プレイしてみて>

オープニング。寝ているゴエモンをみんなの声で起こすような演出が入りますが、その演出が完全にウザいです 笑

自分なら、あんなふうに起こされたら起こしたやつを思いっきり怒ります。

 

続けて少し遊んで思ったのが『顔が違う』です。

ポーズ画面で、仲間キャラクターの顔が映るのですが、明らかに今まで遊んできたゴエモンシリーズとは顔のテイストが少し違います。

PSと64は違うゲーム機だから・・・なんて理由では済まされないほどキャラクターの顔が違います。

特にヤエちゃんの顔は顔面ににんにくを乗せたようなばかでかい鼻がついていて、気持ち悪いことこの上ありません。

f:id:gb1105:20180625184230j:plain

(ね?なんか変でしょ?特にヤエちゃん)

 

それでもまぁいいやと思い、ストーリーを進めて最初のダンジョンに到着します。

(確か名前は『へっぽこ山』でした)

当然、ダンジョンですので雑魚的が出てきます。倒そうとします。

あれ?キセルで殴ると何かゲージのようなものが出てきました。

もう一度殴ります。そのゲージが少し減ります。

十数回ほど殴ります。やっと倒れてくれました。

そう、このゴエモンでの雑魚敵は『HP制』なのです。しかも、その雑魚敵のHPがやたらめったに多く、全く敵が倒れません。

ただし、こちらの体力もやたらと多く、しかも道端に団子が大量に落ちているのでやられることもありません。

なので、緊張感もなく、ただただめんどくさいだけです。

f:id:gb1105:20180625185208j:plain

(右上の青いゲージが雑魚敵のHP。これ、ほんっとに減りません(´;ω;`))

 

当然、雑魚的を倒すのは(めんどいので)諦め、先に進みます。

山道が突然終わり、空中に足場が浮かんでいます。

 

本当にここは『山』なんでしょうか??笑

 

いくらなんでも、さっきまで続いていた山道が急に終わり、無機質な足場がドーンと出現するのには違和感があります。

そしてまたここにも雑魚敵が・・・

 

ここで僕は遊ぶのをあきらめ、このゲームを買ったお店に行ってすぐに売りました。

ゲームを買ったその日のうちに売り飛ばすのは初めてのことで、そしてこの先二度とないと思います。笑

それほどえげつない低クオリティのゲームでした。

思えば、『ゴエモン』シリーズという期待値の高さも、ハードルを上げてしまった原因かもしれません(それでもひどいけど 笑)

 

以前紹介したゲームとは違い、クオリティの低さが原因で遊ぶのをあきらめたゲームでした。もちろん、リベンジする気持ちなんて全くありません 笑

 

拷問の類が好きな方は、是非遊んでみてください。思い出作りに良いかもしれません 笑

 

また、このゲームが好きな方がいれば最後に謝らせてください。申し訳ありませんでした。

 

長くなりましたので、今日はこの一本にしておきます。毎週月曜日のゲーム紹介をお楽しみに!!

 

さぁ、マッギネスやろっと 笑

 

 

 

 

がんばれゴエモン 来るなら恋!

がんばれゴエモン 来るなら恋!

 

 買ってくれよ! な!(笑)